技術者資格制度

ポンプ施設管理技術者 登録・更新について

資格制度のページへ

1.資格者の登録

  資格試験の合格者がポンプ施設管理技術者の称号を得てこれを活用するためには、合格者

 本人からの所定の申請手続により「1級又は2級ポンプ施設管理技術者」として登録され、 

 「ポンプ施設管理技術者資格者証」の交付を受ける必要があります。

 

(1)新規登録
   資格試験に合格された方には合格証明書と同時に登録申請書類を送付します。
   なお、合格年度後に登録することも可能ですが、登録の有効期限は合格年度の5年後の年 

  度末となります。また、試験合格後の経過年数が5年を超える場合は下記2.のポンプ施設管

  理技術者講習を受講する必要があります。
   2級で登録されていた方が、新たに1級に登録された場合は、2級の登録は失効します。

    (次回以降の更新は1級のみとなります。)

 

(2)登録事項の変更
   現住所、勤務会社名等、資格者証記載事項に変更があった場合は、直ちに登録事項変更届

  (ダウンロード)により変更手続きを行い、資格者証の訂正を受けてください。
   変更届と手持ちの資格者証を簡易書留により下記※の送付先に郵送してください。 
  (裏書きで記載内容を変更し返送します。)

変更届の用紙ダウンロードはこちら→

  ※送付先

 

(3)資格者証の再交付
   資格者証の滅失、損傷などにより再交付が必要な場合は、資格者証再交付申請書(ダウン

  ロード)により申請してください。
   再交付申請書と再交付手数料(3,500円の無記名の定額小為替)を上記※の送付先に

  郵送してください。

再交付申請書ダウンロードはこちら→

 

(4)登録の更新

   年月の経過とともに変化する技術や社会環境に対応してポンプ施設管理技術者に求められ

  る知識や技術を維持するため、登録の有効期間(資格者証の有効期間)は5年と定められて

  います。
   資格者には登録の有効期限の1年前までに登録更新の案内書を配布しますが、住所変更手続

  きの不備のため届かない場合がありますのでご注意ください。
   登録を更新するには、下記2.の「ポンプ施設管理技術者講習」の受講申込期日までに登

  録の更新を申請し、講習を受講する必要があります。

 

(5)再登録
   登録(資格者証)の有効期限内に登録の更新ができなかった場合の登録は再登録となりま

  す。
   再登録するには、登録の更新と同じく下記2.の講習を受講する必要があります。

 

2.ポンプ施設管理技術者講習

   ポンプ施設管理技術者講習は資格者の技術力の継続的確保の観点から実施しています。
   講習時期は毎年5月ですので、登録を更新される方は忘れずに有効期限の前に受講してく

  ださい。
   申込手続きの時期については年間スケジュールを参照してください。

年間スケジュールはこちら→

 

資格制度のページへ

 

このページのトップに戻る