トップページへ

 

 研究発表会のページへ 

「第19回河川ポンプ技術研究発表会」のご案内

一般社団法人河川ポンプ施設技術協会

 

 一般社団法人河川ポンプ施設技術協会では、揚排水機場等の河川ポンプ施設の技術向上と普及のため、関係技術者による技術的課題への取組や開発成果の発表を行う河川ポンプ技術研究発表会を定期的に開催いたしております。
 今回は、近年の維持管理、危機管理に関する重要性の高まりを踏まえ、河川ポンプ施設の点検・診断・修繕や浸水対策への取組等に関する講演・発表を下記のとおり計画いたしましたので、河川ポンプ施設に携わられている各位にご参加いただきますよう、ご案内申し上げます。

 


1.主 催  一般社団法人河川ポンプ施設技術協会
2.日 時  令和元年11月29日(金) 13:20~16:40
3.場 所  一橋講堂 2F 中会議場
       〒101-8439  東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター内

         [会場アクセス案内図はこちら]

4.参加費  無料
5.プログラム            (継続学習CPDSプログラムの認定・登録申請中)

   13:20

 開会

 13:25~14:25

 基調講演[元 南山大学教授 高見 勲]
 治水インフラ長寿命化~機械設備の維持管理とシステムズアプローチ~ 

 14:25~14:45

 技術発表[(株)荏原製作所 越智雅規]
 ドライ始動及び渦流対策装置による部分更新時の機能向上事例 

 14:45~15:05

 技術発表[クボタ機工(株) 森下 力]
 内視鏡カメラ診断とポンプ点検窓GENSO について 

 15:05~15:15

 休憩

 15:15~15:35

 技術発表[(株)鶴見製作所 父川孝二]
 耐水型立軸うず巻ポンプの開発 

 15:35~15:55

 技術発表[(株)日立インダストリアルプロダクツ 大塚敏洋]
 点検・維持管理におけるICT技術の活用事例 

 15:55~16:35 

 特別講演[国土交通省 公共事業企画調整課 課長補佐 田村匡弘]
 機械設備維持管理の取組 

   16:40

 閉会

*プログラムは都合により変更することがあります。

*CPDSの当該プログラム受講証明書の発行を希望される方はCPDS技術者証、運転免許

 証など本人確認ができるもの(顔写真付き)を持参下さい。

 

6.申込み方法・期限
   令和元年11月18日(月)までに、別添様式によりFAXでお申し込み下さい。

      [FAX様式(PDFWord)はこちら]

   (申込の状況により人数調整させていただく場合があります。)

7.問合せ先

   一般社団法人河川ポンプ施設技術協会 研究発表会事務局
    TEL. 03-5562-0621  FAX. 03-5562-0622

 

トップページへ

 

 研究発表会のページへ 

 

このページのトップに戻る